昨夜の東響 TSO di ieri sera

東響第50回定期演奏会(ミューザ川崎)

◎ギヤ・カンチェリの ”ステュクス~ヴィオラ、混声合唱と管弦楽のための” が、あたかも3週間前に世を去った義理の弟氏へのミサであるかのように聞こえた。ソロ・ヴィオラは亡き人と対話し、 オケはfffとpppの間を往還、fffが断絶したあとの沈黙、静寂からのppp。それに呼応して合唱は丁寧にグルジア語を歌う。ほぼ終曲かという時、弦 楽器群がそれぞれのコマを一斉にこすった。特にコントラバスの擦れ音は沈む気持ちに耐えて、”コンバスのお父さん、さようなら!”と重く、低く響いているよう な気がした。弟氏はかつて東響のコントラ・バス奏者だった。気魄の演奏だった!

前後に、ショパンのピアノコンチェルト第2番と、ドビユッシー、”海-管弦楽のための3つの交響的素描”があったが、前者は取るに足らず、後者は熱演。

コンサートマスター:大谷康子、指揮:飯森範親、ソロ・ヴィオラ:青木篤子、東響合唱団

TSO Kawasaki Concerto periodico nr50 : “Styx” di Giya Kancheli mi ha commosso in senso della memoria di mio cognato che suonava il contrabasso nel TSO, morto tre settimana fa, come una messa per lui, anche per me. Viola suonava la comunicazione con qualche persona fu, l’orchestra frequentava fra fff e ppp, il silenzio dopo l’interruione di fff e ppp dallo spazio-tempo senza suono. Il coro ha interpretato il testo georgiano molto finemente. Quasi alla fine i gruppi degli archi fregavano insieme i ponticelli, particolarmente i contrabbassi, mi sembrava, come se dicessero sottovoce l’addio al babbo-contrabassista ! …Bellissimo !!

Direttore: Norichika Iimori, Primo violino: Yasuko Otani, Solista di viola: Atsuko Aoki, Coro: Coro TSO

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です