2008/12/27 試食その3

昨日は”さむ〜”でしたが、食通のSB、H氏と和風割烹料理上手のMSさんが試食に来てくれました。まずはアンティパスタから。
温めておいたミネストローネ。先日プレ試食をしてくれたM氏(ミネストローネか何かをつけてよ…の)が、よく食べるお弁当屋さんが使っているカップ見本を持ってきてくれました。当亭のは紙、プラとの違いだけで、同量。フタ形状が少し違う。
カネローニ。具はおなじみ、”ほうれん草とリコッタチーズ”がメイン。ほのかにバターとナツメグの甘い香りのするホワイトソースとパルミジャーノチーズをかけて焼いています。

写真取り忘れ!
パスタ中心の試食会傾向ですが、肉類では今回、”豚フィレの牛乳煮込み”を試してみました。煮込んだ煮汁をさらに煮詰めて、ホワイトソースでのばしたソースをつけて食べていただきました。
山形産のル・レクチェという梨を店頭で見かけ、買ってきました。ひとつは、”洋なしとゴルゴンゾーラチーズのリゾット”もう一つは別の機会にドルチェ(ストルーデル)に使ってみましょう。このリゾット、梨の甘みとチーズの味との和声進行がたまらない!
ピアディーナの味見をしてもらいました。これはおおかた、”いける!”と言ってもらえる。”これだけで行こうか!”、とも考える…屋台が合いそうなんです…当亭が似合うかどうかですが(笑)
なにがなんでも今の季節は・スポンガータ!!
差し入れの蕪のおつまみ
食が進みます!
アンティパスト
試食人のみなさま、採点よろしく!

いける!:3
要工夫:2
なんだかな:1
だめ:0

メールで送って下さいませ<(_ _)>

?/100
ミネストローネ
カネローニ
フィレ肉の牛乳煮
梨とゴルゴンゾーラ・リゾット
ピアディーナ
ドルチェ・スポンガータ
       
過去録(I) 過去録(II)